春の空を見上げている人

Posted By on 2014年1月25日

夕方、買い物帰りに歩いていたら、
前方に作業服の若い男の人が道の真ん中に突っ立って、双眼鏡で空を見上げていた。

熱心になにかを探すかのようにみえて、なんだか不思議な雰囲気がそこにあった。

いったい何を見ているんだろう、何が見えるんだろうと、
その人が見ている方向を見てみれども、見えるのは青い空ばかり。

目線の方向遠くには散りかけた桜の木が一本あるけれど、まさかそれを見ているのではあるまい。

もしかしたら、飛行船か、金星だの土星だの、はたまたUFO?
そんな小さなドキドキを覚えつつ、その男性のすぐそばまで来たとき、
その人の作業服の右胸に見慣れたマークが。

東京電力。

なんだぁーー、この人、電線のチェックしてたのかぁ…。

しくしく、わくわくして何だか損した。

Comments are closed.