断捨離で真っ先に手が伸びるもの

Posted By on 2014年1月31日

地元の古い友人と久しぶりに連絡を取り合うようになって、
たまたま話の流れで、近々彼女の娘の所属するガールスカウトの活動でバザーがあるという。

聞けば、未使用のものなら食器でもタオル類などでも、なんでもいいという。
おおこれは!断捨離のまたとないチャンスではないか!
アマゾンの大きな段ボール箱を組み立てて、物入れの上段から順に、
もらったはいいが全く使い道のないポーチ(ただしブランドものだ)、トートバッグ、
誰かの退職祝いのお祝い返しにもらったハンカチのセット(箱入り)、防災用の懐中電灯、
折りたたみ傘 、ビンゴか何かで当たったデジカメ、
そして、ペアのグラスやデザート皿。

ううむ。

ゴミ屋敷とは違うけれどもウチの中から出るわ出るわの「要らないもの」の数々。

しかしこういう時に真っ先に、処分の手が伸びるのが
「引き出物」「お祝い返し」「香典返し」の品々であることに、もう笑ってしまう。
これって問題なんじゃないだろうか。

Comments are closed.